みんなタダ

 「プロになる」とは、文章を書いていて、有料記事や有料マガジンにしていくことだろうか。

 あるいは本を出版して書店や、通販サイトに置かれることだろうか。

 電子書籍Amazonや、出版サイトから発行することだろうか。

 このように自問自答をしていると、インターネット上で、無料サービスで商売が成り立っている事例に行きついた。

 身の回りには、タダの物があふれている。

 元々、

 空気はタダ。

 陽の光もタダ。

 散歩も、ジョギングもタダ。

 整体も、自分でやるからタダ。

 ネットもフリーWi-Fiでやればタダ。

 だから、小説もタダにする。

 ここが基本的なスタンスで、生計を立てる術は後で考える。

 ずっと出版社を通して小説を書いていた方が、

「出版業界は激変した」

 と仰っていた。

 激変したのだから、印税暮らしを夢に描いても絵にかいた餅だろう。

 これからの作家の在り方を、誰よりも早く考えなくてはならないと思っている。