質が高いもの、芸術性が高いものに触れるとモチベーションが上がる

f:id:yamadahideo:20220310205103j:plain

 最近文学小説を読んで、高尚な表現を考えています。

 すると、描きたい衝動が強くなってきます。

 売れるとか、職業小説家になることは、

 執筆に専念する環境を作るために重要ですが、

 モチベーションを維持するためには、

 理想を掲げるだけでは足りません。

 これを「目標の純度を上げる」と表現しています。

 誰にでも必ず「才能という輝き」があります。

 しかし、始めは純度が低いので、輝きが鈍っています。

 不純物を取り除いて、磨いて輝きを増したとき、

 やる気が出てくるのです。

 「質が高い」「芸術性が高い」と言われる作品にも、

 疑いの目を向け、常に本物を志向することを目的にするべきです。