【ショート小説】今日から私はケンタウロス

「ううぅ…… 草…… 草ぁ…… 」

 うなされながら、朋美は目を覚ました。

 一人暮らしのアパートで、日差しに顔を照らされた眩しさに覚醒していく。

 今日は日曜日なので、仕事は休みである。

「ううん。良く寝た」

 右手を布団に突いて、起き上がろうとする。

「んんっ? 起きられない…… 」

 体が重くて、しかも足が上手く動かない。

 半分寝呆けているので、夢の中なのかと思った。

「何だか喉が渇いたわ」

 本格的に体勢を整え、起き上がることができた。

「あれっ? 天井が近い気がする…… 」

 いつもの部屋が、俯瞰するように見えて、異常に気付き始めた。

 足に妙な安定感がある。

 そして軽やかに動く。

「私の下で何が起こったのか、知りたくないような…… 」

 下半身に異常が起きていることは何となく理解したが、見る勇気が出て来なかった。

「誰かに相談したい」

 このまま下を見ずに、友達に電話しようかと思った。

「待って! 落ち着いて! 私はどうかしているわ」

 1人で興奮して、自分を叱咤する。

「ガッ ドカッ ゴトッ」

 足元が硬くて、床が妙な音を立てている。

 歩いてスマホに手を伸ばすと、静かに考えた。

「こんな時、誰に連絡を取るべきかしら。まず家族。親。でも心配かけそうだし、驚いて予想外の行動を取るかも知れないわね…… 」

 考え込んで、つい下を見た。

「蹄!? 音の正体はこの蹄の音…… そして…… 4本あるわ」

 段々と気分が落ち着いて来た。

 冷静に状況を把握しようと、振り返ってみた。

「これは…… 馬の尻。しっぽ。4本の足。胴体は、おへその辺りまで人間のようね」

 目に涙がこみ上げる。

「うっ。いけない。これは、何の間違いか分からないけど、私、馬になったんだわ。こういう時、人間はどういう行動を取るべきかしら」

 冷静な判断力を持ち、信頼が置ける人を頭の中でイメージする。

「まずは、親友の妃奈ちゃんね」

 飯村 妃奈子は、高校の同級生で、朋美と同じ25歳。

 今でも時々一緒に出掛ける親友だった。

 仕事、恋愛、私生活の悩みはお互いに包み隠さず話す仲である。

 無料通話アプリで、電話をかけた。

「もしもし、朋美だけど」

「うん。今日は、天気が良さそうだから、ショッピングでもしようか」

 明るい妃奈子の声に、思わずトーンを落として言った。

「それどころじゃないのよ。今から家に来られないかしら」

「どうかしたの? それじゃ、すぐ行くわ」

「あっ。ちょっと待って。くれぐれも、私の家に行くことを誰にも話さないでね。それと、驚くようなことがあっても、取り乱さないでね」

 最後の方は、自分でも何を言ったら良いのか分からず、妙なことを念押ししていた。

「体調でも悪いの? 何か作って行こうか」

「それに近いけど…… 何もいらないわ。誰かに相談したいのよ」

「分かった。すぐ行くから待っててね」

 30分ほどで妃奈子がやって来た。

「ピンポーン」

 ドアホンが鳴る。

「はあい。ちょっと待ってね」

「ドカカッ 」

 また蹄が硬い音を立てる。

 玄関は狭いので、馬の身体では方向転換さえも、できるか心配だった。

「ガチャッ 」

 ドアチェーンをつけたまま鍵を倒し、10㎝ほど開けた。

朋ちゃん、ドカドカと、変な音がしたけど大丈夫? 」

 心配そうな目元が隙間から覗いた。

「あ、あのね。そのぅ…… 大丈夫じゃないのよ」

 また涙がこみ上げて来た。

「とにかく、開けてくれる? 」

「あ、そうね。ドアチェーンを外すわ。くれぐれも、落ち着いてね」

 自分が取り乱しているのは分かっているが、妃奈子の反応が予想できず、心配でつい口にしてしまう。

「何か様子がおかしいから、心配したのよ…… !? 」

 玄関を、埋め尽くすほどの巨体が目の前を塞いでいた。

 そして、下半身は馬である。

「んっ。ええと。とにかく、ここでは何だから」

 妃奈子は玄関に身体を滑り込ませ、ドアを閉めた。

「あ、鍵も忘れないで」

「そ、そうね。鍵ね」

 ガチャリと鍵を起こした。

 視線は朋美の足元に釘付けである。

「…… 」

 しばらく沈黙していたが、妃奈子はいつも座るソファの定位置に腰掛けた。

 朋美は立っていた方が楽なので、そのまま動かなかった。

「これは」

 妃奈子は目を見開いたまま、何事か考えている様子である。

「今朝起きたら、こうだったのよ。私、馬になったの」

 眉間に皺を寄せ、頬杖を突いた手の甲に顎を載せ、鋭い眼を朋美に向けた。

「ねえ。今後の生活をどうするかが、喫緊の課題だわ」

 そうだった。原因とか、元に戻す方法のようなことを考えても現実的ではない。

「この体で、職場には行けないわね」

 みるみるうちに、朋美の顔が歪み、涙が目から零れ落ちた。

「ううぅ。どうしよう。もう生きて行けないわ。買い物は? こんな体で外に出られないじゃない。仕事もできないわ。それどころか、トイレだって…… うわああぁん 」

 泣き崩れる朋美をよそに、妃奈子はきっぱりと言った。

「ねえ。正彦さんに相談しようよ」

 岡田 正彦は、5年前に大学で知り合った交際相手である。

「そう言えば、昨日、家に来るって言ってたわ」

 涙をティッシュで拭いながら朋美が言った。

「正彦さんは誠実な人よ。信頼できるわ。すべてを話して、どうしたらいいか一緒に考えようよ」

「ピンポーン」

 噂をすれば、何とやら。

 ドアホンが鳴った。

「おぅい! 朋ちゃん。おはよう」

 ドアホンを通さなくても、元気な声が外からダイレクトに聞こえた。

 満面の笑みが小型スクリーンに映し出される。

「んっ。どうかしたのか」

 にわかに笑顔が消え、怪訝な顔に変わっていった。

「ちょっと待って。すぐ開けるわ」

 朋美が進もうとすると、妃奈子が制した。

「まず私が出るわ。朋ちゃんは見えないところにいてちょうだい」

 目くばせをすると、玄関の鍵を倒し、正彦を招き入れた。

「泣き顔が見えたけど…… 」

 心配そうに奥を覗き込んで言った。

 妃奈子は、2人と一緒に何度か出かけたこともあり、良く知った仲である。

「正彦さん。とっても深刻な事が起こったんです。朋ちゃんの相談に乗ってあげてください」

 深々と頭を下げて、祈る様に言葉を絞り出した。

 あまりのシリアスさに、正彦の顔が引き締まった。

「わかった。当然だよ」

 靴をきちんと揃えて、鋭い視線をリビングに向ける。

朋ちゃん。うっ」

 唸るように言葉を飲み込み、立ち尽くした。

「彦ちゃん。どうしたらいいんだろ…… 私」

 また大粒の涙がポロポロと頬を伝った。

 突然、常人には理解不能な事態が目の前で明らかになる。

 こんなとき、気が動転して予想外の行動を取るかも知れない。

 交際相手がこの姿を見たなら、逃げ出してもおかしくないはずだ。

 廊下で立ち尽くして見守っていた妃奈子には、そんな思いがあった。

「2人の人生観が、ここで問われるわ。破局になったら、私がしっかりしなくちゃ」

 小声で呟いて、朋美の顔色を伺った。

ケルベロス…… 」

「えっ!? 」

「違うわ。ケンタウロスよ」

 妃奈子のツッコミが入る。

「そ。そうだね。ギリシャ神話の半人半獣はケンタウロスだった」

 こんなやり取りにも、緊迫したムードは少しも和まなかった。

「これからどうしよう。ごめんなさい。私、正彦さんを巻き込みたくないわ。でも、アドバイスが欲しいの。どうやって生きて行ったら良いのか」

 すがるような表情で朋美は見つめた。

 正彦は目を逸らさずに見つめ返す。

「見縊ってもらっちゃ困るな」

 下を向いたまま少し沈黙して、また見つめ返すと言った。

「そろそろ、言おうと思っていたことがある。一緒に暮らそう」

 さらりと言ってのけると、今度は朋美が黙り込んだ。

「あの…… この状況でも? 」

「何とかなるさ。運命を受け入れよう。そうすれば道が開けるさ」

 しかし、朋美の表情は強張ったままだった。

「その反応は、イエスってことで良いね。これから不動産屋へ行って手続きしてくる。話はそれからだ。とりあえず、明日は年休を取って仕事を休むよ。すぐにトラックを回して荷物を持って来るから。妃奈ちゃんは、朋ちゃんに付いていてあげてくれ」

 前から考えていた様子で、やると決めたら数時間の間に引っ越しを済ませてしまった。

 元々余計な荷物は処分していたようだ。段ボール10箱ほどの荷物と小さな書棚、台所用品、洗面用具などが数点あるだけだった。

「それでさ。朋ちゃんは仕事を辞めるつもりなのかな」

「だって、これじゃあ外も歩けないわ」

「思い切って、外に出てみないか? この運命からは、もう逃れられないんだ。何が起こるか分からないけど、ずっと引きこもっているのは負けだと思う」

 正彦は、未来を信じ切ったように澄んだ目をして遠くを見ていた。

 考えてみれば、半分馬でも人間としての意識を持った、一人の人間である。

 人権はあるはずだし、理解者もいるはずだ。

「そうね。正彦さんの言う通りだわ。大きな布で体を覆って、街に出てみるわ」

 とりあえず、遮光カーテンを外して、簡単に縫い付けて巨大なスカートのように仕立てた。

「上半身は今までの服を着られるけど、下が収まるスカートとパンツを探しましょう。私は洋品店に行って、大きなサイズを探してみるわ」

 メジャーで採寸すると、妃奈子は外に出て行った。

 陽は暮れ始め、夕日に照らされながら、恐る恐るアパートの外に出た。

 幸いにも一階の部屋だったので、すぐに往来へ出ることができた。

「ねえ、彦ちゃん。本当に大丈夫かな」

 カッポ、カッポと蹄の音を響かせて、朋美は道の真ん中を堂々と歩いて行く。

 すると、

「えっ! あれ見ろよ」

 やはり好奇の目を向ける人が現れた。

「へえ」

「何だろう」

 みるみるうちに、人が集まって来て、遠巻きに取り囲んだ。

「あれ、どうなってるの? 」

「何かのキャンペーンイベントかな。上手くできてるなぁ。まるで本物のケンタウロスみたいだ」

 スマホで写真を撮る人もいる。

「写真を撮るのはやめてください。これはイベントではありません。私たちは一般人です」

 正彦が人を掻き分けて進んで行く。。

 そのまま商店街を少し歩いた後、部屋に戻った。

「やっぱり、物珍しさに注目を集めちゃったね」

「仕方ないさ。でも、運命に負けてはいけない。今日は色々あって疲れたから、早く寝よう」

 2人は夕飯を済ませた。

 妃奈子が大きなサイズのスカートとパンツを幾つか買って来てくれた。

「他にも、必要な物があるはずだから、遠慮なく言ってね。おやすみなさい。正彦さんを信頼していれば、何とかなると思うわ。私も頼りにしてよね」

 こう言い残して帰って行った。

 

 翌朝、妃奈子からSMSが送られて来た。

「昨日、商店街を歩いた様子がSNSに上っていて、反響があったみたい。見知らぬ人が来る可能性もあるから、気を付けてね」

「彦ちゃん。やっぱり写真を撮った人が、ネットに上げたみたい」

「俺がついてる。大丈夫だよ。今日は朋ちゃんの会社へ行ってみよう。ずっと休んでいても、どうせクビだ」

「うん。そうするのが一番良い気がするよ」

 レンタカーで借りたトラックの荷台に乗り、会社へと向かった。

「やっぱり心配だわ。でも、もう辞めることになるだろうし、事情を話すしかないわね」

 朋美は、社員200人ほどのIT企業で総合職をしていた。

 事務系の仕事が得意なので、自分に合った仕事で活躍できて、そこそこ満足していただけに、残念な気持ちでいっぱいになった。

「私、これからどうなっちゃうんだろう」

 何度も不安を反芻して、気分が滅入ってしまう自分がいた。

 でも、そんな時には正彦のように前向きな気持が大事だと信じた。

 会社の守衛室に到着すると、用件を守衛さんに伝えた。

「ああ。山口朋美さんがいらしたのですね。社長がお待ちです。今呼びますからこちらで待っていてください」

 駐車場の奥に停めると、正彦が降りて出迎えを待った。

 しばらくすると、

「いやあ。すみません。お待たせしました。私は、社長の折原です」

 正彦が名刺を交換すると、

「山口さんは荷台の方でしょうか」

 折原社長が待ちきれない、という顔で荷台に近づいて行った。

「実は、SNSに上った画像を社員が拝見しましてね。この度は何と言ったら良いのか。さぞかしお困りでしょう。これからどうやって暮らして行くのか、お考えだったのではありませんか」

「ええ。実はまったくその通りでした。ですが、昨日から私、岡田 正彦と同棲を始めまして、この現実を受け止めて前向きに生きる決心をしたところなのです。本日こうして伺いましたのは、事実を包み隠さずお話して未来へ踏み出すためなのです」

「そうでしたか。心中お察しいたします。決心はそう簡単なことではないはずです。好奇な目で周囲から見られ、実際SNSでも話題になっているのですから」

 話を聞いていた朋美が、荷台から降りて来た。

「ドカッ ガカッ」

 蹄の音を響かせて、凛として半人半獣の姿を晒している。

「社長さん。すみません。この体では、もう働けませんから、辞めさせていただきます。お世話になりました」

 深々と頭を下げ、目には涙を浮かべていた。

「いやいや。ちょっと待ってください。山口さんにしかできない仕事があるのですよ」

 折原社長は、意味ありげにニヤリと笑って、書類を取り出して見せた。

「実はですね。さっきこしらえた企画書なのですが、山口さんに我が社のイメージキャラクターになって欲しいのです」

 ポカンとした顔で、朋美は企画書を手に取って眺めていた。

「どういうことでしょうか」

「丁度、先週販売促進部が次期CM戦略を企画していたところでしてね。タレントやアイドルを起用して今後も広告を打つ線で決まりそうだったのです。でもね、最近はタレント広告があまり効果ないという現場の声があって、代わりの案を考えていたのです。馬はスピードと力強さのシンボルとして、我が社のイメージにぴったりだと思いました。そして山口さんは、アイドルのように美人でいらっしゃるし、昨夜のSNSでの話題性を拝見して、是非にと考えた次第です」

 企画書には「ケンタウロスは手を抜かない。ケンタウロスは誰よりも速い。」とキャッチコピーが打ってあった。

「この機会に『ケンタウロス』という開発名で、新しコンピュータを提案していきたいと思っています。社長決済ですから、本決まりになると思っていただいて結構です」

 朋美は、話を聞きながら、さめざめと泣いていた。

 企画書が涙で濡れた。

「あっ。すみません。お気を悪くなさいましたか。タイミングが悪かったですね」

 社長は顔を顰めて、ピシャリと頭を叩いた。

「違います。折原社長。私は感動したのです。自分の運命を受け入れ、前向きに行動すれば道が開けることに気付いたのです。実は今日、こちらの岡田さんの勢いに乗せられて来たようなものだったのです。私一人では、到底決断できませんでした。きっと家に引き籠っていたはずです。そしてこんな身体にした神様を呪って生きて行くしかなかったことでしょう。でも、こうして私を受け入れてくださる方がいらっしゃったことに、胸を打たれたのです。ありがとうございます。私にできることであれば、何でも仰ってください」

 

 こうして、朋美はCMに起用され、インフィード広告、テレビCM、街角のデジタルサイネージなどで公開していくことになった。

ケンタウロスだけど、めちゃくちゃかわいい」

 とネットで評判になり、公式サイトを立ち上げ、動画やブログを上げるようになった。

「いやあ。俺は仕事を辞めて、こっちを本業にするよ」

 正彦は、朋美のマネージャーとして、プロダクションを立ち上げ、スケジュール管理をするようになる。

「彦ちゃん。私、この仕事結構好きかも。人に喜んでもらえる仕事だしね」

 その後、CMのオファーが続き、写真集も出版された。

「ブログの方も、書籍化の話が来たよ」

 そして、前向きな生き方が話題を呼び、講演会の依頼も来るようになる。

「歌と踊りを練習して、コンサートもしてみたいわ」

「ふふふ。その意気だよ」

 やがて2人は自然に結婚して、幸せに暮らした。

 

 

この物語はフィクションです

f:id:yamadahideo:20220225183735j:plain