山田の作品

クリエイターとして活動しています

人間は自ら発見し学ぶ

 文章のなかにバーチャルな世界を描き、その中で一緒に生活し、考える。

 そんな作品を書けたらいい。

 作家の描く世界が、リアリティを持つ様になるためには、細部まで設定しておく必要がある。

 登場人物を設定するときには、氏名、年齢はもちろんのこと趣味、好きな食べ物、好きな音楽、家族など、小説に登場しない要素も設定している。

 SFなどで、細部の描写が大事だとよく言われる。

 自分は文章力をもっと磨かなくてはならないので、まだまだ課題がたくさんある。

 有名な作家さんが使う言葉を学ぶのも手だが、文豪の言葉を自分が使いこなすのは難しい。

 今は焦らず自分ができる表現の範囲で、うまく行間を表現することに苦心している。