多様性で、あなたの人生が変わったらすみません。

「多様性」だけをピックアップして書くと、哲学的な問題になります。
考えるとき、反対のキーワードを意識するのは、正反対です。
「美味しいもの」を認識するには、反対の「何とも思わないもの」を意識するように。
単純な図式を頭に描いて、持論を作り上げると、思考が硬直化します。
「また同じこと言ってる」となるわけです。
多様性を意識すると、
若い女性ならどう考えるかな」
「老人なら」
「犬、猫なら」
「宇宙人なら」
などなど、話が膨らんで、多角的に見ることができます。
人間関係では、硬直化した人が近くにいると息苦しくなってきます。
肯定するか、否定するかの2択になるからです。
多様な意見を認められないので、こちらは気を遣います。
文章を書くときには、たくさんの価値観を意識して書くべきです。
自分の文章が読まれるとき、人によって解釈が変わります。
多様性が世の中の秩序を作っているのですから、そこに一石を投じることによって、どう影響するかを考えるのです。