ねえ。今日は、何時間生きられた?

 生きているって、実感できる生き方をしてますか。

 生きていても、死んでいる。

 こんな自分にはなりたくありませんよね。

 でも、生きていくためには、やむを得ず自分を殺すこともあります。

 自分がやりたいことを、思いきりできる時間があれば、やっていけます。

 「生きている」と言えるのは、自分が輝くときです。

 疲れていても、吹き飛ばすほどのエネルギーを与えてくれます。

 小説を書くことが、楽しくて仕方がないので、書き始めると没頭しています。

 世間一般に言う、駄作も多いですが、編集者を唸らせる、会心の作品もあります。

 駄作を書くのは、自分の中で納得してのことです。

「駄作を書かないようでは、たいしたことはない」

 開き直ってしまうほど、駄作を認めています。

 自分が書きたい気持ちを優先しているので、理解されないことがあって当然です。

 気持ちを優先する時間は、完璧なひとときです。

 生きている、と言えるのは、そんなときです。