キャッチコピーのすすめ

 小説には、長編小説、短編小説、ショートショートなど種類があります。

 短歌、俳句、川柳、詩、漢詩など、短いフレーズに心情と風景を込めた表現もあります。

 キャッチコピーは、別のジャンルですが、上記のすべてを含んでいるのです。

 長編小説の一節のようなコピー。

 短歌のように美しいコピー。

 時代を風刺した川柳のようなコピー。

 他にも、

 宴会で交わした言葉のような、生活の息吹を感じるコピー。

 つぶやきのようなコピー。

 一単語だけのコピー。

 これほど多様な表現様式を含んだジャンルはありません。

 ある作品のあとがきに、

「究極には、小説をキャッチコピーの集合だと思っています」

 と書きました。

 一つ一つのセリフ、情景描写にキャッチコピーのような含みを持たせられれば、すごい作品になると考えるからです。

 表現の訓練のためにも、キャッチコピー研究はおすすめです。

 コツは、たくさん読むこと。

 ウンウン唸って傑作をひねり出してはいけません。

 プロは駄作をたくさん出して、選びます。