イラストレーター、画家のみなさん ついに来るべき時が来ました 画像自動生成アルゴリズムがついにオープンソース化され手軽なアプリに  

「AIピカソ」で生成したカフェテリアのイラスト 再生成も簡単にできます


「AIピカソ」がリリースされて、使ってみると簡単に雰囲気がいいイラストが生成されました。

 AdobePhotoshopなどのフィルタを駆使すれば、テイストを変えて、自分好みにできます。

 アルゴリズムが公開されているので、カスタマイズも自在にできるわけです。

 ディープラーニングとは、ざっくり(乱暴に)いうと、ビッグデータを蓄積し、必要な要点だけを抽出することです。

 人間には不可能な、桁違いにたくさんの情報を学習してしまいます。

 例えば、1億まで数えるだけでも一生かかる人間には、不可能な数を学習できるわけです。

 今後は量子演算装置のゲートに組み込むことなども検討されるのではないでしょうか。

 どんな作風にもできてしまう、アプリが開発されるのはもう目前に迫っています。

 これがイラスト(画家)で飯を食うのは、現実的ではないといわれる理由の一つです。

 「贋作」という概念は、出所を追跡できるから存在します。

 天文学的データからは、不可能です。

 また、エアバンドのように、アーティストの在り方も変わってきています。

 これをどう捉えますか。

 私は、

「面白い時代になった」

 と感じます。

 コンピュータが、クリエイティブの底上げをしてくれるのですから、人間はブレーンの部分を強化していく時代になったのです。

 創造的思考を、もう一段階上げて複眼的かつ総合的な広い視野が必要です。