肌ざわり

 表現するときに、肌感覚はとても重要である。

 温度、湿度、材質、服の柔らかさ、髪の質など、一言単語を入れ込むと、活き活きとした描写ができる。

 また、抽象的な概念を書くときも、肌感覚で書くことがある。

 「感性」を「みずみずしい感性」と書くと、「高い感性」などと書くよりも肌感覚を感じる。

 イラストを描くときにも、肌触りを意識する。

 人物を描くときに、艶を出すためにハイライトを多用するのだが、描写の明度とかけ離れた白を置くと、途端に透明感や冷たさ、硬さ、光沢感、滑らかさなどを感じさせる。

 視覚から、肌触りを感じさせることは、一度自分の記憶と照らして解釈している。

 だから、書くときにも自分でどう感じるかを検討しながら書いていく。