帰り道

 仕事帰りに歩く路上で、いつも描くのは、家族の顔である。

 毎日同じような生活パターンなので、家で何をしているかは想像がつく。

 家路につくと、自分が結構疲れていることに気づく。

 だが、道路に出てしまえば、急に電話がかかってきて3秒で取る必要もない。

 ふう、と一息つくと、みぞおちの辺りがゆるんで脱力するのがわかる。

 電車通勤をしていた時には、周りからの刺激が実に多かった。

 通勤電車には、毎日同じ人が乗っているものだ。

 名前は知らないが、

「あの人またいるな…… 」

 と思う。

 満員電車でぶつかったり、靴を踏んで怒られたり、自分がやられて怒ったりした人の顔はよく覚えている。

 だからといって何もない。

 転勤するときには、ふと、そんな人たちのことを名残惜しく思ったものだった。