山田の作品

クリエイターとして活動しています

悪魔

 悪魔との契約をすると、恐ろしいことが起こりそうだ。

 代わりに魂を抜かれて殺されるのだろうか。

 自分は、実戦系の武術をやっていた。

 その時いつも、

「これを外でやったら、傷害罪で逮捕されるな…… 」

 と思わずにはいられなかった。

 だから、自分と対峙してくれる相手に心から感謝した。

 毎回アザができ、顔面を腫らしたり、肋骨にヒビが入ったこともあった。

 もちろん相手も、同じような目に遭っている。

 自分と対峙して、怯えた表情を見せる人もいた。

 そんな自分は悪魔に魂を売っていたのかもしれない。

 社会の秩序を維持するために、世の中に決められたルールに反したことを公然とやっていたのだから。

 そしてそれが、快感でもあった。

 そんなときの心理は、まともではない。

 戦争を描いた小説の中で、

「殺しの快感」

 が描かれていた。

 正確には、

「相手を殺すことで、自分が生き残る快感」

 なのだそうである。

 つまりゲーム性が快感を生んでいるのである。

 この点は自分にも当てはまった。

 もちろん命のやり取りはしないが……