負けた。

 言い分が通らないとき、あるいは描いた未来が消えたとき、負けを意識します。

 競争相手がいて、椅子取りゲームのように賞を狙って、座る椅子がない場合、落ち込むでしょうか。

 もし落ち込まず「まあいいか」程度であれば、本気ではなかったのでしょう。

 最も恐れるべきは「自分とは関係ない」と無関心になることです。

 モチベーションは、負けを跳ね返す精神力を燃料にします。

 燃料がなくなれば、火が消えてしまいます。

 だから、負けを受け止めて、落ち込むべきです。

 何度でも負けて、負け続ける人は強くなります。

 描いた理想を捨てないから、そのギャップを意識するのです。

 自分に酔わず、愚痴を言わず、他人のせいにせず、即座に対策を考える自分になるためのステップです。