「仕事は、なにをしてますか。」と聞かれて、会社名で答える人になってはいけない。

 会社名しか言えない人は、寂しい人です。

 キャリア観がズレています。

 主体的に、自分のあり方、生き方を考えることがキャリアです。

 会社ありきで、仕事をとらえるだけでは、受け身で仕事をしているのではないでしょうか。

 組織を離れて、飛び込みの営業を1度やってみればわかります。

 きっと信用されないでしょう。

 身にしみて、会社員は、会社の信用で仕事をしていることを実感するはずです。

 営業をずっとやっている人は、地力をつけて、転職し、ステップアップしていきます。

 理由は、肩書以上の実力を要求されるからです。

 優れた営業マンは、2種類います。

 まず、親しみやすい、近所の人タイプ。

 話好きの、おばさんタイプが、日本一売り上げていました。

 向かい合って座ったとたん、距離感がなくなり、ペースを握られてしまうのです。

 もう一つは、熱血タイプ。

 誠意と情熱の塊のように、どんどん攻め込んできます。

 あなたに買ってほしい、とばかりに、まくし立てられ、買わされます。

 会社員であればこそ、会社を離れても活躍できる、という気概がほしいものです。