エマの呟き…… 「宇宙神エマ」より

f:id:yamadahideo:20211230115906p:plain

 みなさん、小説を読んでいただいてありがとうございます。

 読んでいない方は、興味を持っていただけると嬉しいです。

 人間は自然の摂理を「神」と呼んで、理解を超えた振る舞いをコントロールしようとしました。

 神はこの世に存在しないことになっていたはずが、実は宇宙の果てに神の惑星があったのです。

 宇宙からやって来た私は、中山直也と奇跡のような出逢いをしました。

 朝目覚めたら、自分を押しのけて知らない人が寝ていたのですからね。

 普通は事件で処理するでしょう。

 中山家の人はみんな器が大きくて、私をすぐに受け入れてくれました。

 感謝感激雨あられです。

 そして物語は意外な方向に流れていき、ナオヤを翻弄します。

 作者も相当翻弄されたみたいです。

 キャラが予想以上に濃かったと言ってます。

 小説を書き終えて、筆をおいてからも、わだかまりがずっと胸に重くのしかかり、憂鬱のあまり続編を書き始めました。

 題名になっている私が出てこないまま書き始めることになり、これからどうなるのか。

 そして作者の歴代の作品の中で3位の読者数に達してしまい、軽い気持ちでは書けないぞ、と思ったそうです。

 深刻に考えてしまうあたり、ナオヤと作者は共通点が多いのかもしれないね。

 では、また物語で会いましょう……