作品は自分の遺書でもある

 縁起でもない話だが、長編小説を書き始めたとき、自分の遺書であることを意識していた。

 書き留めずに死んだら、誰も知らない事実が永遠に語られなくなるだろう。

 いつかは書きたいと思って構想をいくつか練っていた物語も、自分が見聞きして感じたこと、考えたことを文字として世の中に残しておきたい、という思いがあった。

 例えば芸術的な作品は、時代という大きな流れの一部になったとき価値が高くなる。

 美術で巨匠と呼ばれる作家の代表作は、時代を代表する。

 価値のある小説とは、時代性を感じさせる作品だと思っている。

 人を感動させ、涙を流させただけでは足りない。

 だから、これから生まれる自分の代表作は時代性があって、しかも自分の遺書なのだと思う。