やりがい

f:id:yamadahideo:20220123204338j:plain

 自分がしたことが、意味深いと感じるとき、やりがいを感じる。

 世の中に影響を与え、自分が描いた理想が形になったときに満足することができる。

 小説執筆では、自分の作品を呼んでもらうことが、第一の目的である。

 作品は書くことが目的ではなくて、それを呼んでもらい共感してもらうことが目的だ。

 そのために投稿サイトを活用したり、出版する。

 出版のメリットは、既存の流通ルードに乗せて、作品を発表できることである。

 大手出版社で出版すれば、実績にもなる。

 小説の帯やカバーの折り返し、あとがきの最後などにある略歴に書くことができる。

 それが読者の信用を得るために大事になる。

 だがそれとやりがいは別の話である。

 小説を書くときのモチベーションになるのは、書くことによって新たな地平が見え、さらなる構想を見出していくことである。

 「書きたいネタ」を見つけたときた最も充実感を感じる瞬間だと思う。