芸術は問題解決

 芸術を「限られた天才の特権」だと思わないでください。

 ただ、良く分からないものを畏れているだけです。

 芸術は問題解決以外の何物でもありません。

 鑑賞者に何も伝わらなかったとしたら、解説がないと理解できないとしたら、失敗です。

 芸術家は主題を決め、それを解決して見せなくてはいけません。

 クリエイターとして活動してきて、その思いが強くなりました。

 自己満足、あるいは仲間内だけで褒め合って買い合っているようでは、先がありません。

 社会と関わろうとせず、自分の在り方を考えないクリエイターは、何のために存在するのでしょうか。

 肩書と権威にこだわる芸術家は論外です。

 作品を誰に、どこで見てもらいたいか、どんな影響を与えて行きたいか。

 これくらいは考えなくては、作品と呼べません。

 そして、どんな問題提起をして解決するかを明確に示すことは、クリエイターの責任です。