生きるために命を使う

 我々は、どこからきたのか。

 我々は、何者で、何を成すのか。

 我々は、どこへいくのか。

 複雑で、不可思議な生命。

 せっかく授かったから、無駄にはしたくありません。

 とりあえず、目の前の課題を解決する日々。

 振りかえってみると、生活に必要なものを手に入れるために、エネルギーを注いでいました。

 経済的に、豊かな国ほど、自分の在り方が、深刻な問題になるそうです。

 一生懸命働く人ほど、自分を見失いがちです。

 人目を気にせず、自分を見つめた方が、よく生きられるかもしれません。

 命を大事にする、とは命に向き合い、深く考えることです。

 たまには、ゆっくり、何もせずに考えるのも、悪くないと思います。