言葉の3分クッキング

 文章を書いて、公開する段階ですることがあります。

 タイトルと、一覧に表示されるリード文を一工夫するのです。

 料理の隠し味のように、全体のクオリティを上げることができます。

 誰に対して、何を伝える文章なのかを洗い出して、適切な問いかけをする。

 できれば、ターゲットの性別、年齢、趣味、一日のスケジュール、好きな食べ物、音楽など細かくイメージします。

 プロなら200くらい案を出すところですが、一発で決めにいきます。

 例えばこの記事。

「キャッチなタイトルを考える」

「キャッチなタイトルを考えましたか?」①

「言葉を工夫する」

「言葉のクロッキー」②

「言葉のクロッキing」③

「言葉の3分クッキング」④

 

① 充分キャッチだと思いました。

 素直に目的を伝えています。

② 意図を別の言葉で言い換えました。

 専門用語なので、伝わりにくいです。

③ 造語してみました。

 目を惹きそうですが、意味が分かりにくいです。

④ 3分クッキングはロングヒットの名番組ですし良いキャッチです。

 手早く、手軽にできそうなイメージです。

 難しいことを大上段に構えて言いたくない。

 エッセイのスタンスを、キャッチコピーから自分も気付かされました。

 

この流れを、10秒でやります。

頭の中の動画を4倍速で流す感じで。