見晴らしがいい物語

 風景を、文章で表現する場合、視覚的イメージと空気感を表現する。

「遠くが青くかすむ」

「地平線がゆがむ」

「吸い込まれそうな」

 日常生活で、パノラマの風景をみることは少ない。

 だから、心理的に強い刺激を、受けることになる。

 心理描写は、個性がでるところなので、自分の感性とは違うアプローチが無数にあるはずである。

 服装の描写をするために、ファッション誌の表現を参考にすると、服から風景が見えてくる表現もあった。

「桜並木」

「花吹雪」

 などと、情景が浮かぶ言葉を入れ込むと、イメージが強化される。

 見晴らしがいい物語には、広がる風景をイメージさせる要素がある。

 シチュエーションと、登場人物の描写に、創造力を掻きたてる表現をすることによって、心に残るのである。